岡崎市 おの歯科では、痛みの少ない治療と優しく丁寧な説明を重視しています

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療に取り組んでいます!!

1.歯ぐきにぬるタイプの表面麻酔を使って痛みを減らします!

歯医者さんで「麻酔しますね~」と言われたとき、ドキドキしませんか?

また、健康診断の採血の時に、針が腕に刺さる瞬間…。

あの「チクっ」とする痛み、
あなたも苦手だと思います。
多くの方が麻酔がイヤなのは、あのチクッとする痛みのせいでもあるのです。

おの歯科では「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使って、
麻酔の注射針が刺さるときの痛みをなくしています。
だから、麻酔のときに何の違和感も感じないのです。


歯科業界ではたくさんの表面麻酔薬が開発されているのですが、
ほとんどの歯医者さんではあまり使われていません。
なぜなら、手間と時間がかかってしまうからです。

効率を考えたら、ちょっと痛みを我慢してもらって
いきなり注射するほうがいいに決まっています。

でもそれだと、歯医者さん嫌いの患者さんを増やすだけです。
おの歯科では歯医者を好きになってもらって、自分の歯を大事にしてくれる
患者様を作っていきたいという想いがあります。

だから表面麻酔をしっかり塗ったあと、
きちんと麻酔が浸透するのを待ってから
ゆっくり麻酔注射を行なっています。

患者さんによっては
いつ注射したか分からなかった
なんてことも言われることがたまにあるくらいなんですよ。

2.一番細い注射針で痛みを減らします!

夏になると、蚊にかまれてかゆい
思いをしたことが誰でもあると思います。

でもちょっと待ってください。

蚊って、みなさんの血を吸っているのに、
なんで痛みがないのでしょうか?

それは蚊の血を吸うお口の針のところが、
とっても細いから気づかないだけなんです。

つまり
針が細ければ細いほど痛くない
ということになります。

そこで、おの歯科では歯医者さんで使われている 注射針の中で
一番細い33G
という細さのものを特別に取り寄せて
使っているんです。

3.人肌と同じ温度の麻酔液で痛みを減らします!

外から帰ってきて、手を洗う時に
いきなり冷たい水だと、

「冷たいっ」

ってびっくりしちゃいますよね。
特に冬場なんて、ちょっと痛いくらいです。
逆に熱すぎても痛みを感じますし、下手したらやけどしちゃいます。

つまり
温度差が大きいと違和感や痛みを感じる
ということなんです。

これは麻酔液も一緒で、お口の中の温度と
全然違う温度の液体が歯ぐきに入ってきたら
びっくりして痛みを感じます。

だから、おの歯科では
麻酔液を人肌に温める
装置を導入しました!

これによって麻酔液がお口の中に入る時の
刺激を減らすことができるのです。

4.針の刺し方で痛みを減らします!

たとえ表面麻酔をしても、注射針を細くしても痛くないように針を刺さないといけないですよね。

そこで私はさらに痛くないように、『えっ!いつ刺したの?』と、思ってもらえるように、針を刺す工夫をしています
それは、針を歯茎に刺すのではなく、歯茎を軽く引っ張って針の方へ刺すようにしています。そうすると不思議なことに、刺された痛みを感じることはほとんどありません!

5.麻酔注射を数回に分けて打つことで痛みを減らします!

麻酔注射を打たれている時に、
次のように思ったことはありませんか?

「麻酔を打つ時っていつも2、3カ所まとめていっきに注射されるんだけど、
1ヶ所注射した後、麻酔が効いてから、注射してくれないかなぁ。そしたら痛くないのに。」

そんなアイデアをおの歯科では
実際に導入しているんです。

最初に少し麻酔液を注入し、
少し麻痺してから再び麻酔液を注入します。


こうすることで、少しずつ麻酔液が浸透していくので、
次の場所に注射を打つときにずいぶんと
痛みが軽減されるようになりました。

手間暇かけて痛みを減らしています。

インドアビュー