岡崎市 おの歯科では、痛みの少ない治療と優しく丁寧な説明を重視しています

歯の土台について

治療した歯を長く持たせる方法

コアの大切さ

当院では、かぶせものやブリッジの治療を行うとき、歯の土台についても、患者様にしっかりとご説明をしています。歯の土台は「コア」といいます。

コアは、神経を抜いた歯にかぶせものを入れるときに必ず必要になるものです。抜いた神経の代わり、という感じでしょうか。

歯は神経を抜いてしまうと、もろくなってしまいます。そのため、できるだけ治療した歯を長持ちさせるためにコアを入れるのです。

お家を建てるときも、基礎工事をしっかりしておかないと不安ですよね。


それと同じように、歯の治療でも歯の土台となるコアを入れるのです。

「コアはかぶせものの中にあるし、見えないところだから何でもいい」と考える患者様が多くいらっしゃいます。

見た目的にはそうかもしれませんが、見えないところだからこそ、大切に選んでほしいと思っています。

コアの種類

コアには2種類あります。ファイバーコアとメタルコアです。メタルコアは金属を使ったもので、ファイバーコアはグラスファイバーというガラス繊維を使ったものです。それぞれの特徴は次のとおりです。

ファイバーコアの特徴

  • 従来のコアの素材と比較すると、歯根破折(歯の根っこが割れる)のリスクを減らすことができます。
  • 金属製ではないので金属アレルギー反応もなく、体に優しい。歯茎も変色しない
  • オールセラミックといっしょに使用すると透明感があり、より美しい歯に仕上がります。

メタルコアの特徴

  • 金属が歯よりも硬いため、強い力がかかると歯が割れるリスクがある
  • 一般的に保険で適用される。材質には銀合金が使用される。
  • 金属の心棒には、銀が含まれているので歯茎が黒ずんでしまう場合もあります。

どちららがオススメなのか?

できるだけ多くの患者様にファイバーコアを使ってほしいと思っています。そのほうが、治療した歯が長持ちする可能性が大きくなるからです。「メタルコアは保険が効くからそっちがいい」という方も多いことは事実です。

でも、目先の利点だけに囚われてほしくはありません。

見た目だけでなく、耐久性という点からもファイバーコアを当院はオススメします。

患者様の中には、歯の状態によりファイバーコアをオススメできない場合もあります。当院では、治療の際、しっかりと納得できるまでご説明をいたしますので、疑問点や不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。

インドアビュー