岡崎市 おの歯科ではハンドピース(歯を削る器具)を滅菌するための装置を導入しています。

歯科用CTを導入しました!

より正確で安全な治療を目指すために

歯科用CT 岡崎市 おの歯科では、お口の中を3D撮影できる装置(歯科用CT診断装置)を導入いたしました!

これまでの普通のレントゲンでは見えないところを、立体の画像でグルグル動かして確認できるようになります。

CT撮影は、すべての患者様に必要なものではありません。これからも通常のレントゲン撮影を中心に行っていきますが、3D撮影が必要な患者様にお撮りしていく予定です。

3D画像(CT画像)は主にインプラント治療の検査に使われることが多いです。しかし、現在、当院ではインプラントを行っておりません(安全面で疑問があるからです)。

それでも歯科用CTを導入したのは、普通の治療でも必要があれば詳しく検査できるような環境を作るためです。

歯科用CT ちなみに、普通のレントゲン撮影(「パノラマ」といいます)もパワーアップします。高画質のレントゲンになるので、診断結果がより正確になり、患者様に見やすい画像をご提供できます。

撮影スピードも向上しています。そのため、レントゲン撮影時のストレス、負担が減ります。
レントゲン室って狭くて苦手だな、という方にとっても朗報です。また放射線量は胸部レントゲンの10分の1と少なく安心です。

患者様の負担を減らしつつ、より精度の高い診断と治療を両立を目指せるのがこの装置のすごいところです。

普段、レントゲンをじっくり見る機会はないかと思いますが、歯科医院ではこのような装置が治療を支えてくれています。

インドアビュー