【ご案内】院長紹介スタッフ紹介院内ツアーアクセス役立つ歯科の豆知識(ブログ)
【当院の取り組み】滅菌対策ハンドピース滅菌院内CT完備プライスリスト
【歯科治療メニュー】診療科目審美歯科歯周病小児歯科予防歯科
【患者様に役立つ情報】治療の選び方 基本編治療の選び方 その2歯の土台について

役立つ歯科の豆知識

2018年4月 9日

歯医者さんに行くとされる歯ぐきを刺す?検査っていったい何のため?

歯医者さんに行った時に受ける細い棒を差し込むあの検査。

チクチクして痛いし、血が出るので、できればやりたくないけど・・・。

こんにちは、院長の小野です。

歯周病は、歯にくっついている細菌の塊(歯垢またはプラークといいます)が引き起こす歯ぐきの慢性の病気です。

最初は歯ぐきのお肉の部分、つまり「歯肉」の炎症(歯肉炎)のみが生じますが、これを何年も放っておくと、歯を支えている組織である、歯槽骨、歯根膜、セメント質が失われていきます。(これが「歯周炎」という状態です)

こうなると土台がなくなって歯がぐらつくようになり、ついには歯が抜けてしまいます。

歯周病による歯ぐきの炎症は、お口の中を見ただけではわかりません。

なぜなら、炎症は歯ぐきの内側から発生するからです。

そこで、あの細い棒、「プローブ」の出番となります。

検査では、歯ぐきの溝の中にプローブを挿入していきます。

この時、出血がある場合は、溝の内側の歯ぐきが炎症していることを意味しています。

手のひらを擦りむいた時、その部分は皮膚が再生するまでは薄皮が張ってジュクジュクしていて、ちょっと触っただけで傷口が開きますよね、歯ぐきの炎症もそれと同じような感じで、ちょっとプローブが触れただけで出血してしまうのです。

出血するような状態をそのままにしておくと、歯ぐきの溝が深くなり、「ポケット」ができます。

これは歯周病の重傷度の把握する指標の1つで、ポケットが4㎜を超えている場合、病的な状態と考えられています。(プローブには目盛があり深さを測ることができます)

歯周炎は1つの歯の周りで違いますから、プローブの検査は1ッ箇所だけではなく、歯の周りまんべんなく行います。

もちろん、この検査で歯ぐきの内側を触っても炎症がひどくなることはありません。

歯周病の進行度を診るためには必要なことです。

苦手な方もいらっしゃるとは思いますが、正確に知るために受けて頂きたいと思います。

月別アーカイブ

PageTop

無痛治療

院長紹介

院長紹介 院長 小野幹宏のプロフィールです。

院内ツアー

院内ツアー 院内と取り組みをご案内いたします。来院される前にぜひ、岡崎市 おの歯科のことを知ってください!

予防

当院では、歯を治療することはもちろんですが、また悪くしないための予防歯科にも取り組んでいます。

治療の選び方 基本編

患者様が納得する治療をご提供するのが、私たちの使命です。治療の選び方について、当院の考えをお伝えします。

治療の選び方 その2

治療の選び方をわかりやすく、フローチャートで示してみました。ご不明な点やご質問されたいことがあれば何でも、スタッフまで、ご遠慮なく聞いてください!

歯の土台について

私たちは,できるだけ歯を長持ちさせたいと思っています。そのために大切なことをご説明しています。

審美

審美歯科は特別なものではありません。「ここの色をよくできないかな」「形がきになる」と思われるすべての方に必要なものです。お気軽にご相談ください。
患者様の感想

歯周病

歯周病は恐ろしい病気です。歯に自信がある人でも油断しないてください。少しでも心配な方はぜひ検査を受けましょう!

小児

岡崎市 おの歯科では「歯医者さんは怖い」という印象を与えない取り組みをしています。アニメDVD、キッズコーナー、ベビーベットなどもございます。

滅菌対策

滅菌 安心して治療を受けていただくために、治療器具は徹底して消毒・滅菌して、清潔なものを使っています。

ハンドピース滅菌

滅菌器DAC 当院は DAC universalを導入して、歯を削る道具を始め、お口に入るすべての器具を滅菌しています。